スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

tweet

注目

google colaboratory お試し編 、GPUも使える機械学習の環境構築

前回続き、機械学習の関連となります。
開発環境まわりの内容となり。先人様の情報を元に調査しました。
google colab(google colaboratory) を試してみました。機械学習系の
いくつかのライブラリがインストール済みで、
クラウド上で、ある程度機械学習の開発ができそうです。
*) 連続 使用時間は、12時間までらしいです。

# thanks, 感謝です。
https://qiita.com/tomo_makes/items/f70fe48c428d3a61e131

http://uepon.hatenadiary.com/entry/2018/03/21/180329


# 操作方法など、

colab を chrome ブラウザで開きます。
https://colab.research.google.com


jupyter-notebook に、操作方法は似ているイメージでした。

コードセル内で
! を先頭に追加すると、unixコマンドが使用できました。

!ls
> datalab
みたいな、操作です。

ランタイム - ランタイムのタイプの変更
でノートブックの設定が開き、
ハードウエアアクセラレータを、GPUに変更できました。




*)処理内容によりますが、学習データ件数が少ない場合等で、
 CPU処理のほうが、高速の場合もありました。


# pip 関連
tensorflow
Keras
matplotlib
numpy
pandas
scikit-learn
など、使えそうな物は複数ありそうです。




# ファイルの転送は、上記のueponさんの
記事を参考にして、csvファイルを転送しておき。
csv読み込み +kerasのRNN系 結果の matplotlibグラフ表示まで
実行できました。
*)今回は1ファイル毎の転送で。面倒でした。。



# まとめ
カンタンな紹介程度の内容すが。
クラウド上で無料で利用できて、ある程度の機械学習の機能
が使えるため、python 系のインストールの負担も減り良さそうですが
落とし穴あるかもですね。。

# 関連のまとめ
機械学習 関連まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2018/01/tensorflow-matome.html


###  update : 2018/03/23 ###

最新の投稿

IoTデータから scikit-learnで線形回帰

IoTデータ学習して chainerで時系列予測を出力する

IoTデータから LSTMで時系列予測を出力する。keras+ tensorflow版

tensorFlow/機械学習 関連まとめ

IoT + tensorFlowで未来予測値を表示するwebサービスを追加する

IoTセンサー値から tensorFlowで予測値を計算する機械学習サービスを設置する

IoTセンサー値から tensorFlowで未来予測値を計算して、GoogleHomeで読み上げる

RN4020 BLE ブレークアウト お試し編

複数の設置場所のセンサー値を 場所指定で読み上げる。 Google Home +IoT連携(3)

温度/湿度/気圧読み上げを追加しました。 Google Home +IoT連携(2)

AD-parts

Shop
Bluetooth搭載
ベース基板

Social