tweet

Raspberry Pi , BLE gateway 設置、 複数台のBeacon からの送信値をクラウド転送。



以前の、esp32のBLE中継機と似た構成になります。

RaspBerry Pi 2を、BLE Gateway( central )にし、
BLE 子機からの beacon発信データを受信後、クラウド転送する機能となります。

*) BLE子機(Peripheral device)は、前回の RN4020 + atmega の自作デバイス
を使っています

# 概要



# thanks / 参考のサイトさま
python で、BLE使えるライブラリ発見できました。( 感謝です)

https://github.com/IanHarvey/bluepy



#BLEドングルは、
PRINCETON / Bluetooth USBアダプター  PTM-UBT7
を購入しました。
ルータ接続は、有線LANで接続しています。




#Log / thingSpeak




# code (BETA)
最新のble_gateway_sv2、 public addressに対応しています。
https://github.com/kuc-arc-f/ble_gateway_sv2

blog: http://knaka0209.blogspot.jp/2017/08/nanoPi-4.html


*)旧版、randam addressも対応できますが、最大送信桁数は短めです
https://github.com/kuc-arc-f/ble_gateway_sv


*) サービス起動の参考説明を追加しました。(Jessie )
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/07/raspi-6-BLE.html



# setup
raspbian にインストールしました。少し古めです
pi@raspberrypi:~/tmp $ uname -a
Linux raspberrypi 4.4.38-v7+ #938 SMP Thu Dec 15 15:22:21 GMT 2016 armv7l GNU/Linux

# bluez (*インストール済みでエラーになりました )
sudo apt-get install bluez

# bluepy
$ sudo apt-get install python-pip libglib2.0-dev
$ sudo pip install bluepy

#requests  (*インストール済みでエラーになりました )
sudo pip install requests




# 関連のページ
RN4020 BLE + ATMEGA328, 省エネ改良版
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/07/esp32-21.html





コメント

FACEBOOK

人気の投稿