tweet

IoT + tensorFlowで未来予測値を表示するwebサービスを追加する

前回続き、tensorFlow/機械学習の関連となります。
IoTセンサー値から、tensorFlowを使った予測値の GoogleHome読み上げ機能に、
webサービス管理機能で、グラフ表示、データ表示等の機能を追加しました。

*) 構成的には 前回の予定と同じで、
当初予定していた部分の開発の最後になります。

# 構成
php 5.6
cakephp 2.10
mysql
その他


# チャンネル一覧


# フィールド一覧:  予測/実績 グラフ
*) 室内の温度を、数箇所測定しています。

青: 実績
黄: 予測




# ファイールド詳細
最新実績
予測 :1時間後 /6時間後







# 機械学習結果/tensorFlow、出力履歴



# モバイル
レスポンシブにしました。




# まとめ
前回の、バックエンドの機械学習/演算処理の負荷は気になるところでしたが。
定期更新された、予測係数を使って表示機能を実装すると。
ストレスなく表示できました。
GoogleHome機能に加え、気になるデータの視覚確認ができたり
利便性が向上した気がします。
見直し中ですが、改良を続けたいと思います。



# 関連、
tensorFlow/機械学習 関連まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2018/01/tensorflow-matome.html


コメント

AD-parts

Shop
Bluetooth搭載
ベース基板

FACEBOOK

人気の投稿