head

ESP-WROOM-32
ブレークアウト
Bタイプ
ESP-WROOM-32
ブレークアウト
Cタイプ
ESP-WROOM-32
ブレークアウト
Aタイプ

esp32, HTTPS で、IFTTT(Maker Webhooks)に接続する, ESP-IDF


esp32で、HTTPS接続での IFTTT連携試したいと思います。

IFTTT を中継し、

SNS連携や IFTTTアプリのpush通知機能を
デバイスから使用する事を目標としています。

*) IFTTT については、詳しくないのですが、
デバイス連携部分を主に、記載しています。



# テストの結果
twitter への、 投稿。




 IFTTT アプリからの、push 通知



# thanks / 参考のページ
example/https_request
https://github.com/espressif/esp-idf/tree/master/examples/protocols/https_request

https://github.com/lucadentella/esp32_ifttt_maker


# 準備
1) Maker Webhooks, 連携するSNS(例: twitter)等を
Connectし、使える状態にしておきます。
2) Maker Webhooks のkey をメモしておく
*) documentationの、Your key is:  XXX あたりのコード。

# this の設定 (連携 元)

IFTTT (top)-> My Applets ->New Appltet(右側リンク)


if this then that みたいな文字でますので
this リンク押します。

次の検索画面で [Maker]とかで検索し
Maker Webhooks を探します。

次 対象のリンクおして、
trigger fields の入力画面出ます。



Enter Name に、trigger Name を入力(ex: test)
create Trigger を押します。

# that の指定。
次の画面で、 that 押し、
連携サービスの検索、仮にtwitterとか指定します。
次action 指定画面、 Post a tweet とか仮に指定し、
action fields で、tweet Textとか編集 
*) "EventName" は,trigger が出力されてました。
create action おします。

次画面で、finish押すと終了。



# 証明設定(pem) server_root_cert.pem
*) https_IFTTT_main.c に説明あり。

# opensslで、maker.ifttt.com:443 から 証明書を取得
openssl s_client -showcerts -connect maker.ifttt.com:443 </dev/null

-----BEGIN CERTIFICATE-----
から、
-----END CERTIFICATE-----
までを、copyし、server_root_cert.pem に保存、
ビルドすると、埋め込まれる形みたいです。



# 参考のBETA版
https://github.com/kuc-arc-f/https_IFTTT

上記の Key, Trigger を設定必要です。
固定値を、送信していますが。センサ値や、デバイス側の電圧値を
送信すれば使えそうです。
実行すると、上記のSNS投稿 等がカンタンにできました。
*) SSL証明はサーバ側は、自動更新される可能性がありそうですが、
対応も後日探したいと思います。


# 関連の esp32まとめ
http://kuc-arc-f.com/make/?p=1288







コメント

FACEBOOK

人気の投稿