tweet

ESP32 電力測定 ,3V3 2A



esp32で、電力測定の調査を行いました。
*) 安価な測定部品/計測器な為、精度は低めで 参考程度とさせて頂きます。

# 先に結果のまとめ


WIFI http送信: 150mA -250mA 起動時 : 450mA
Blink( LED ) 50mA - 60mA 起動時 : 70mA

*1) WIFI の起動時は 450mA 程度まで上昇
*2) WIFIのTCP送信間隔は、10sec とやや短めで連続稼動した場合。

# 電流値の計算
オシロ波形見ながら、電圧値をメモし、
電流最高値、平均値等を計算で算出してます。
I = V /R
wifiの場合は(150mA)、下記となります
I= 15mA / 100 mR
I= 0.15A ( 150mA)
その他も同様の計算。

# テストの 電源: 3V3 2A( 2,000mA ) ACアダプタ
1) 電流測定
 電流検出用の抵抗( 0.1 R) を電源付近に直列に結線。
 プローバを抵抗の両端付近に結線。


2) 電圧測定
 電源ラインに、並列にプローバ結線。



*) 参考の部品
不燃性酸化金属皮膜抵抗 3W0.1Ω
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-11011/
ACアダプター3.3V2A GF12-US03320
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02212/


# 下記は詳細、波形など
WIFI 起動時 、最大 450mA (表示ピーク電圧: 45mV)



WIFI ,アイドル/ HTTP 送信 約150mA以上 (表示電圧: 16mV)


blink , 50mA (表示電圧: 5mV)


*) WIFI 使わない場合は、起動時 電流も少なめでした 70mA程度まで上昇。

#電圧、 blink 起動時。
入力 2A の場合、
Y軸目盛 1Vでわかりにくいですが、電圧ドロップはさほど大きくなさそうです。
 (300mV 以下 )




#まとめ
今回 LDO使ってない為、別回路で電源の出力電流値を少なめ
別途検討してみたいと思います。
その他のプロトコル動作については、負荷が多い場合は
消費電力は多めになりそうです。


# 関連のまとめ






コメント

FACEBOOK

人気の投稿