tweet

野菜収穫できました。栽培を見守るIoT編




IoT活用編で、野菜を栽培してみました。
デバイス関連の内容は少なめとなっています。

前にブログ紹介していた、
ADC経由の水分センサ、温湿(天気情報)センサ等を活用し、
IoTでの、栽培状況のモニタ(主に土壌の水分量)を継続してみました。

9月の中旬ごろ、ベランダ野菜の選定調査、栽培の準備
を行い。種をまいた [ベビーリーフ /サラダ小松菜]が
先日、一部収穫できましたので。ご報告です

# ベランダ野菜付近の、機器設置


*) 温室センサは、できるだけ野菜の近くの室内窓側( 通気性の良いところ )
でも、良いかと思います。

# 土壌の水分モニタ



# 参考にした野菜栽培系の記事 (感謝です)
http://ure.pia.co.jp/articles/-/26300?page=2

キッチンインテリアにもなる「ベビーリーフ」の育て方
https://nanapi.com/ja/26864

20日で収穫「ラディッシュ」の育て方
https://nanapi.com/ja/26965


# まとめ
自分のような、栽培の初心者にとっては、
モニタ値(数値)を参考にして、
水やり量の判定には参考にはなりました。
9月は、台風など悪天候の日が多く、生育不良の心配はありましたので
日照時間など気象状況に生育の影響がある点は実感できました。
良い天候が続くほうが収穫量は増える気はします。
上記のような IoTモニタ設備は、栽培する上で参考程度のレベルかもしれませんが
低価格等で入手しやすい条件であれば、1セット試してみるのも良いかもですね。

# 関連の部品

ESP-WROOM-02 モジュールS型 [MK-PKBN-032]
http://kuc-arc-f.com/make/?p=844

ADC搭載シールド [MK-PKBN-036]
http://kuc-arc-f.com/make/?p=874

DHT11 センサーシールド [MK-PKBN-035]
http://kuc-arc-f.com/make/?p=907



# 関連のまとめ
IoT な電子工作まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/11/iot-matome.html

コメント

AD-parts

Shop
Bluetooth搭載
ベース基板

FACEBOOK

人気の投稿